肌断食の失敗例や悪化原因を探るブログ

肌断食でシミが濃くなり増えたためショックで挫折し失敗!原因と対策

肌断食をする目的がシミの改善の人も沢山います。肌断食の効果でシミがなくなる、出来にくくなると言う効果があるからです。シミは本当にイヤなものですよね・・。

 

でも肌断食を始めると、今あるシミが濃くなった、増えた!!という理由で、ヤバイ!!とやめてしまう人がいます。だってシミがなくなると思ったのに増えた上に濃くなったんですから。ショックです

 

肌断食をするとシミって増えたり濃くなるんでしょうか?原因と対策はあるのでしょうか?

Sponsored Link  

肌断食とシミの関係

肌断食シミ増えた

 肌断食をやめる原因の1つに紫外線対策が出来ないからと言う理由があるくらい、シミって女性でも男性でも悩みの1つです。

 

そのシミがなくなる、薄くなると言われれば、肌断食をやってみよう!と思ってしまいますよね。でも実際肌断食を続けていると、シミが濃くなっている!シミが増えた!!という事になれば話は別モンです。

 

紫外線対策が出来ないから肌断食でシミが増えた!これからもっと増えたら、この増えたしみが消えなかったらどうしよう・・と不安になってしまいますよね。

 

肌断食を始めるとシミが濃くなったり増えたりするのは、肌が弱っている部分に紫外線があたると、本来は紫外線を防ぐことができても防ぐ力がないために、肌はシミと言うカサを作って、必死で肌を守ろうとします。

 

そのため肌断食を始めると、紫外線対策をしていないのでしみが出来やすくなるんです。紫外線に弱い人は帽子やサングラスなどで防御する必要があります。

 

シミが濃くなったと言うのも、自分で守れずやはりシミ予備軍ができたりして今あるシミに重なったりすると濃くなった様に感じる事があります。

 

しかし肌が強くなるとシミは薄くなって来ます。ただシミが薄くなるにはかなりの時間が掛かります。目安としては1年位。なぜならシミはターンオーバーの周期で新しい細胞に入れかわるため、その周期の中で徐々に薄くなって行くからです。

 

ターンオーバーの周期は、20代までは28日と言われていますが、30代になると年齢プラス15日、年齢があがるに連れてもっと掛かります。そのため目に見えてシミへの効果が実感出来るのは、やはり時間が掛かる事なのです。

Sponsored Link  

肌断食とシミの出来る原因

シミが増える原因肌断食

シミは紫外線から肌を守るために、メラミンと言うカサを肌に広げて肌の奥を守ろうとするのですが、本来は何もしなくても紫外線を防ぐ力を肌は持っています。

 

しかしUVケアをする事で肌は、紫外線を防ぐと言う事をしなくなる上、日焼け止めがクレンジングなどでしか落ちないタイプのものであれば、肌を余計に弱らせていき、肌自体に紫外線を防ぐ機能があまりない状態の人が多いのが現実です。

 

そんな状態でいきなり紫外線のケアをしなくなると、ニキビの様に一時期はシミが増える事も考えられます。

 

今まではUVケアで紫外線を防げていたものが、無くなってしまった上に肌が弱って無防備だからです。

 

肌断食を始めた時の肌の状態が悪かったほど、シミは出来やすくなる可能性があります。肌が強くなれば薄くなって来ると言われても、いつ?と思ってしまいますよね。

 

シミってその位、嫌で悩みの多いものなんですよね・・・。では肌断食中のシミの対策ってあるのでしょうか?

肌断食とシミ対策

肌断食中のシミ対策は、洗顔で落とせるメイクをしている人なら、UV入りのものを使ったり、紫外線が強い時間帯は外出を控える、日傘、帽子、サングラス、手袋、長袖で防御する、日陰を歩くなど、紫外線を極力避けるしか方法がありません。

 

そのためシミだけを目的で肌断食を始める場合は、長期戦になる事、シミが増える可能性があることなどをしっかり頭にいれて、始める時期なども考慮しながら続けて行くと言うスタンスなら失敗は減ると思います。

 

日焼け止めを塗らなくても大丈夫な肌は魅力的ですが、時間がかかる事、強くなるまではしっかりしたシミ対策が必要なこと、紫外線に弱い肌だと自分でガード出来る肌を作るのは難しいかもしれない事などを理解して、肌断食を行ってみてください。

 

シミがなくなる!と言う所だけに飛びつくと、逆に増えやらなければよかった!!ということに繋がってしまいますので気をつけて欲しいなと思います。