肌断食の失敗例や悪化原因を探るブログ

肌断食は乾燥での失敗例が多い!失敗の原因はかゆみや痛み見た目など

肌断食をしようと思って始めたものの、途中で失敗してやめてしまう人が半数くらいはいるようです。

 

肌断食での失敗例で一番多いのは、乾燥に耐えられなくて失敗してしまうと言うもの。乾燥やかゆみ、痛みがいつまで続くのか?と不安になってやめてしまう人が多い様です。乾燥で失敗してしまう原因と対策を調べてみました。

Sponsored Link  

肌断食で起こる乾燥のしくみ

肌断食乾燥失敗

 肌断食を始めるとまず行っていたスキンケアが無くなり、肌はそのスキンケアのおかげで保湿が出来ていたので、直ぐに乾燥が始まります。

 

そしてこの乾燥は自分で皮脂膜が作れ、角質層が潤いを得るまでは続きます。皮脂膜はそんなに時間が掛からず自分で作れるようになります。

 

元々本来は残って肌を守るべき皮脂膜は、洗顔やクレンジングに含まれる界面活性剤によって洗い流され、それでも頑張って再生しようとするのですが、洗顔後に塗られる乳液などのクリーム系のものが塗られると、皮脂膜が出来る力が弱まって、結果自分で作る力が衰え、乳液などが守る形になります。

 

その守られているものが無くなり、皮脂膜は自分の力で再生しようとするのですが、皮脂膜は角質を守っているものなので、皮脂膜がないと角質層の水分がどんどん蒸発していきます。

 

例えると皮脂膜はラップと同じですね。ラップされた食品は乾燥せずにしっとりしていると思いますが、ラップせずに置いておいた食品はカサカサのカピカピになっていると思います。

 

それがまず肌断食を始めて、肌で起こる乾燥です。そのためラップの役目をする皮脂膜が早く出来れば肌は再生して行きますし、突っ張り感も減って来ます。

 

皮脂膜を早く作る様にするには、洗顔フォームからまだマシな純石鹸に変えるのですが、でも純石鹸も界面活性剤が入っているため、使うと皮脂膜が落とされます。

 

だからなるべくメイクなどすると洗顔に石けんが必要になるので、水かぬるま湯で洗える様に何もしないでおきましょうと言うスタンスです。皮脂膜が洗いながされる事を控える事が出来れば、角質を守るバリアが出来、乾燥を防ぐ事が出来るからです。

 

メイクなどをしていない顔の汚れはぬるま湯で洗えば、大体はきれいになります。石けんを使わないと落ちない位の汚れは、メイクだとか人工のケミカルなものをつけた時だけです。

 

普通の生活での汚れは、ぬるま湯でキレイになります(ぬるま湯は35度~37度くらい)よくぬるま湯で落ちてない!と思う人が多いですが、では石けんでしか落ちないほどに顔についている汚れとはどんなものがありますか?

Sponsored Link  

肌断食で起こる乾燥での失敗の原因と対策は?

f:肌断食失敗乾燥

肌断食で起こる乾燥で失敗する原因ですが、多くが乾燥が酷い、かゆみがある、見た目がガサガサなど、痛みや辛さ見た目で心が折れてしまうことです。

に加え、石けん洗顔やメイクもしていないのにずっと乾燥が続く場合や酷くなる場合は、もしかすると元々の肌(角質層)がカスカスの状態だった可能性があります。

 

肌断食を始めて数日間は皮脂膜が出来るまでは、乾燥もしますし、触るとカサカサです。でもそれがずっと長引く場合は、始める前の肌の角質層がそこまで潤っておらず弱い状態だったと言う事が考えられます。

  

その状態で始めると、皮脂膜が出来ても内部の乾燥が酷いため肌はすぐに潤いません。そして乾燥する期間が長くなります。長くなると辛いですし、乾燥が酷いとバリア機能が無くなり痒みが出て来ます。

 

皮脂膜が出来ても刺激で剥がされ、洗顔で剥がされ、角質が荒れると肌の保湿が出来ずどんどん乾燥し、ガサガサにもなる人がいるでしょう。

 

アトピー性皮膚炎の様なバリアのない弱い肌になっているため治りが遅くなります。乾燥が長引くとそれだけストレスも掛かりますし、肌がさらされているので悪化したりする人もいます。

 

角質層が潤うまでの時間がかかれば掛かるほど、期間はのびトラブルも増え、その間辛い状態が続きます。その期間が人によって違い、1週間の人もいれば、1ヶ月の人、3ヶ月の人とそれぞれです。

 

でも乾燥の痛みやガサガサの耐えられる期間って、1ヶ月とかは長いと思いませんか?せいぜい我慢できても1週間くらいでしょう?

肌断食を乾燥で失敗しないための対策

乾燥は角質層が潤えば段々マシになって来ますが、肌断食を始めた1日目に純石鹸で洗顔した時、かなりピリピリしたり肌の突っ張りが酷ければ、肌がかなり弱っているかも?と1つの目安にしてください。

 

そんな人はいきなり最初からぜんぶをやめず、クレンジングを使わない様に済むメイクに変えてみる。後は今までと同じで数日過ごす。

 

そうするとクレンジングを使わないため、肌の内部も少しはマシになってくる筈です。メイクをしていないなら、まず洗顔フォームはやめて純石鹸にしてみる。

 

でも顔全体を洗わずに、ここが気になると言う所だけ石けんをつける。など。そしてスキンケアは乳液や美容液をやめ、化粧水だけつけてみる。

 

などを数日間やってみて、純石鹸で洗った時の突っ張り感が減って来たかな?洗顔後直ぐにつっぱって痛かったのが、10分大丈夫になったなど、少しずつ変化が出て来るハズです。

 

そうした小さな段階を踏んで、化粧水をやめワセリンにする。と言う様に自分の肌を観察し会話しながら、徐々に少なくしていってみてください。

 

スタート地点の肌の状態が悪ければ、乾燥が酷くなるのは当たり前で、期間も長引き長引くとトラブルも増え、辞めたくなります。

 

肌断食を始めてこれは辛すぎだと思ったら、ぜんぶを辞めずに少しずつ減らして行くと言う小さなステップを繰り返す事で、失敗や辛さは防げます。

 

肌の状態が悪いほど、乾燥やトラブルが酷い状態になりますので、そんな人は焦らずゆっくり減らして行き、肌をある程度は元気な状態にして行きつつ、やって来る乾燥に耐えれるだけの肌を作って行きましょう。