肌断食の失敗例や悪化原因を探るブログ

肌断食が合わない肌での失敗例!敏感肌や乾燥肌アトピー肌は挫折しやすい

肌断食を始めたい人は、肌にトラブルがある人やキレイになりたい人が多いと思いますが、敏感肌や乾燥肌、アトピー性皮膚炎などがある場合の肌の悩みは深いですよね。

 

肌を取り替えたいと思う位だと聞きました。だからこそ少しでも肌がキレイになって欲しいと思うのです。

 

肌断食は始めるスタート時の肌が、ある程度の強さと保湿力がないとかなり辛いです。それを知って始めるのと、知らないで急に始めてしまうのは、肌に与える影響も考え方も変わって来ます。

 

肌断食を始めたいと思っている、敏感肌や乾燥肌、アトピー性皮膚炎がある人はどんなスタンスで肌断食を始めればいいのでしょうか?

Sponsored Link  

肌断食が合わない肌の敏感肌や乾燥肌アトピーはどう進めればいい?

f:id:keisan21:20170505224940j:plain

肌断食を失敗する例で結構多いのが、肌断食が合わないと言われている敏感肌、乾燥肌、アトピー性皮膚炎を持っている人。

 

どうして肌断食が合わないかと言われているかと言うと、肌断食の乾燥に耐えられる肌の強さが少ないためトラブルが起きやすく、何か起きればなかなか治らない、逆に酷くなると言う最悪な道をたどる人が多いから。

 

肌が弱い人ほど、簡単に始めると酷い目に合うのが肌断食の恐い所です。肌が弱い人の目指す所は、肌断食をゆっくり段階的にして行きながら、どんな時に肌トラブルがおきやすいか?どんな事でおきやすいか?どんなもので起きやすいか?を1つでも多く知ることです。

 

肌が弱い人の肌断食の進め方も、いきなり全部をやめるのではなく1つずつ少なくして行きます。

 

肌が弱くは無いけれど、スキンケアのしすぎで角質層が弱い人との違いは、何を減らしてもOKでダメなのか?を減らしながら観察して変えて行くと言うこと。

 

基本はクレンジングなどのキツイものから減らして行くのですが、例えば乳液をやめて化粧水だけにしたら乾燥が酷くなったと思った場合は、化粧水をやめて乳液にして様子をみるなどの、入れ替えの工夫を観察しながらして欲しいのです。

 

そして段々減っていく中で、何を辞めたら酷くなるのか?辞めても酷くならないのか?など自分に合っているもの、害を与えるもの、季節などの色々な原因を見付けて欲しいのです。

Sponsored Link  

最後全部をやめても問題がなければいいのですが、中にはそれをやめてしまうと自分の肌の力だけではどうしようも出来ない肌もあります。

 

そんな時は自分を助けてくれるものと二人三脚で、肌をキレイにすればいいのです。全部無くすのではなく、極力なくしつつ、その中で自分にはダメなものを知って、必要なものがあるならば、 使っていくだけでも違って来ると思います。

 

肌が弱い人は全てなくすのではなくこれだけはと言うアイテムと一緒に歩いてもいいと思います。

 

元々肌が弱めの人が肌断食をしても、見違える様に肌は強くなりません。体質は余り変わらないのです。

 

それなら自分に必要最低限のものを見つける。トラブルを起こす原因をみつける。そして上手くやっていく。と言う所を目指した方が、キレイに近づくのではないでしょうか。

 

肌に優しいアイテムは、ネオナチュラル など色々なサイトでありますので、これがあれば肌はキレイと言うものや事を、ゆっくり減らす段階式の肌断食を行いながら見付けていってください。